自分で自分を満たす方法

自分で自分を満たす方法

自分で自分を満たす方法

 人に頼ることをせず、自分で自分を満たせる女性というのは美人な女性の特徴ですが、
 そんな女性になるためにはどうすればいいのか?
 『自分で満たすこと』ができれば、
 美人になること以外にも、様々な面でプラスになるのでこれは知っておくべきでしょう。

 多くの女性は『誰かに愛して欲しい』と人を求めてしまうものですね。
 そのため、たいていの女性が『自分は主張できない』という状況を嫌うものです。

 例えば、ある男性から将来のビジョンについて、一方的に話されたのならばどうでしょうか?
 そこでついつい自分のことを話してしまうのが普通の女性というものでしょう。
 しかし、それでは美人にはなれません。

 自分のことを話してしまった時点で、『聞いてほしい』という感情があり、人を求めてしまっているのです。
 この状況で大切なことは『聞く』ということのはず。
 それを、純粋にできるかどうかで『満たされているかどうか』がはっきりと分ってきます。


 【満たされていれば聞き役になれる】
 満たされていない女性の場合『この男は自分の話ばかりで私の話は聞く気がない』そう捉えるでしょう。
 これはつまり『自分が話したい』という感情があるからこそそう感じるのです。
 自分が満たされていれば『自分が話したい・聞くだけでは損』とは思いませんから、敢えて自分の話などしません。

 『誰だって自分が話したいから、自分を満たすことなど大変だ』と思うかもしれませんが、それは考え方次第です。
 『満たされる』ということに対する考え方を、じっくり分析してみましょう。

スポンサーリンク


 ・考え方を変える
 例えばいつも一方的に話してきて、自分の話には興味を示さない友人がいたのなら、
 『この子は私を利用している』と思うでしょうか?そこが考え方次第なのです。

 確かに、人の話に興味を示さなかったり、聞かないという人間はただのガキです。
 しかし、こちらの受け止め方としては『頼られている』でいいはずです。
 話の内容にもよりますが『いつも一方的に言いたいことを言ってくる』というのなら、
 『それだけ話し易い相手』ということ。

 従って、相手にとっては話したい存在であり、実は必要な存在なのです。

 誰だって聞いてくれない人や嫌いな人には話しかけませんよね?聞いてくれるからこそ話すはず。
 そうやって考え方を変えることで、『今日も聞いてあげた』と自分で自分を満たしてあげることができてきます。

 しかし、その相手が『頼っているのか』『利用しているのか』は早急に見極める必要があります。
 話の内容が愚痴や悪口だったのならば、それは単純に利用ですからその場で封じましょう。

 あくまで『頼られている』とは、楽しい話や雑談に限って言えること。
 その判断には慎重になることが大切です。


 自分が人を求めるより、『人に求められている』と実感した方が、数百倍も心が満たされます。
 従って、極論すれば自分は聞き役に徹していればそれで満たされるはずです。
 求めている以上満たされませんから考え方を変えて大人になりましょう。
 『大人の女は聞き上手』そんな女性になれれば、モテる女を楽しめます。


サブカテゴリー


TOP記事30 美人になる方法 男性が好む下着とは ダメ男の対処法 恋愛で役立つ情報集