交際相手が子供を望まない時は

交際相手が子供を望まない時は

交際相手が子供を望まない時は

 『誰でも子供は可愛いと思い、誰でも子供は欲しいと思うもの』こう考えている人がいますがこれは間違いです。
 人間も本能的には『子孫を残すべき』という情報を持っていますが、それはあくまで本能です。
 近年は深刻な少子化ではありますが、同時に個人が自由を選択する時代でもあります。
 従って、『子供を欲しがるかどうか』というのはあくまで個人の考え方次第なのです。

 だから、パートナーが欲しがらない人だからといって、それを攻めたり説得することはマナー違反です。
 人間の場合、『子供が必要かどうか』と思うまでの過程には、生まれ育った環境が大きく影響しています。
 そのため、その考え方というのはそう簡単に変わるものではありません。

 また、『子供はいらない』という人に、無理に子供を作らせたり、安易な気持ちで持たせてしまえば、
 不幸になるのは子供です。
 親の愛情を十分に受けずに育つため、満たされない欲求を持ったまま大人になり、
 その人生は壮絶極まりないものになります。

 だから、交際相手が子供を望まない時は、無理に求めることは禁物です。
 『子供は授かりもの』と言われるように、自然の流れに任せるのが一番なのです。


 【子供が欲しい時は】
 どうしても子供が欲しいのなら、現在のパートナーは諦めることが確実な方法でしょう。
 今日では子供を欲しがらないことなど珍しくありませんから、
 『考え方が変わるかも』と待つことは大きな賭けです。
 しっかり別れてから次を探すようにすることが、自分のためになるでしょう。

スポンサーリンク


 ・現在の相手とはあり得るもの?
 将来的に子供を作るかどうか、これを理由に距離を置くなどして、彼がそれを受け入れれば可能性はあります。
 しかし、それは半強制的な約束ですから、効力には疑問が残るところ。
 よりを戻してからも子供に対しては消極的になるでしょうし、行為そのものは避妊をするはず。
 結局、一度は認めたものの、『本当は欲しくない』という基本姿勢は変わりませんから、
 それに前向きにはなれないのです。


 また、やはりここで考えるべきは子供の存在です。
 『子供が生まれれば彼だって可愛がるはず』は考えが甘いです。
 当然ですが、興味ない人は興味なしですから、生まれたからといって義務以上のことはしないでしょう。

 そうなってしまうとやはり子供が可哀相なのです。
 親に愛されない子供ほど不幸なものはありませんから、
 やはりパートナーが望んでいないのなら子供のためにもそれは避けるべきかもしれません。

 こういう時って判断が難しいのです。
 『私は子供が欲しいから』ととにかく欲しいから作りたいという欲求を持ってしまうと、
 『パートナー』『子供』のことまで考えることができていません。

 そうなってしまうとただの自己中心的な発想で、自分の欲を満たすためだけに子供を作ったことになります。

 だから、本当に恵まれた子供を作れるためにも、
 『今子供を作ったらその子は幸せか?』『このパートナーは子供を愛するか?』
 ということを徹底的に考えてから作業に取り掛かりましょう。


 少子化が加速したため国を挙げて『子供』となっていますが、本来は『授かりもの』という発想で良いと思います。
 『作れ』『作るべきだ』と言われて作るのではなく、『なるようにしてなった』の方が子供も幸せです。
 欲しいことは本能のため理由などありませんが、
 『今生まれたら幸せか?』最低でもこれだけは考えてあげるようにしましょう。


サブカテゴリー


TOP記事30 美人になる方法 男性が好む下着とは ダメ男の対処法 恋愛で役立つ情報集