手に入らなかった時の男性心理

手に入らなかった時の男性心理

手に入らなかった時の男性心理

 『気になる女性が手に入らなかった』『いい感じになったが体の関係までは至らなかった』
 『交際をしたが拒まれてしまった』このような時に男性はどう感じるのか?

 拒む女性としては『まだ早い』だったり『そんな関係じゃない』という気持ちがあるからこそなのでしょう。
 体の関係に関しては『女性が主体』というところもありますから、
 そう考えれば男性としても仕方がないと思うものです。

 ですが、男というのは手に入れるために頑張っているところがありますから、
 それが叶わなかったとなればショックを受けますし、また『一気に力が抜ける』ということもあります。

 何度も食事をして、細目に連絡をして、女性の話を真剣に聞いて、
 『やっとチャンスが来た』という時にNGが出される、こうなったらさすがに男性もダメになります。

 その時にどんな心理になるかは人によりますが、『もういいや』と急に冷める男性、こんなタイプも多いです。
 今まで頑張っていた分、その反動によって気持ちが無くなってしまうのです。

 ずっと我慢し続けた結果ダメだったということですから、それならば冷めてしまうことも仕方がないでしょう。
 これでも諦めずに頑張れる男というのは、
 『よほど彼女のことが好きか』または『単純に行為が好きか』のどちらかです。

 男性の中には『拒まれた』ということをあまり気にしないタイプの人もいます。
 そういう人の場合、『何度でも挑戦する』となりますが、
 このような男性は『単純にしたいだけ』という可能性が極めて高いので、
 自分に言寄ってくる男がいる時には、どんなタイプかを判断するようにしましょう。

スポンサーリンク


 基本的には『拒んだら終わり』となるので注意した方がいいです。
 男性としても、そこにかけていますし、『申し込んだ』『口説いた』ということがありながらも失敗したら、
 当然その後は会いづらいですよね。

 そうなれば終るのは当然ですから、『まだ迷っている』という状態の時には考えた方がいいです。
 単純にタイミングが合わなかっただけで、後になって後悔することもあるでしょう。

 一度振ってから『やっぱり好きだった』では遅いですし、男性はそういうことを嫌います。
 プライドが高い人であればあるほど、『自分を振った女など相手にしない』となりますから、次はないのです。
 ですので、拒むのならばそういうところまでしっかり考えるようにしましょう。


 女性によっては『ずっと追いかけてきてほしい』と思うのではないでしょうか?
 それをされることに喜びを覚え、そんな状況を何とか作ろうとする、こんな人もいるでしょう。

 そのため、簡単には体を許すことがなく、男性がイラついているのを知りながらも、『さらにじらす』ということ。
 これは原則しない方がいいです。

 というのも、こういうことをすると『単純に体だけ』になってしまうのです。
 男性の目的が『気持ちを手に入れる』ではなくなり、『自分の欲望を満たす』に変わってしまいます。

 そうなれば、女性がそろそろいいかと関係を持った時が最後ですから、
 結局相手の気持ちは手に入らないのです。
 また、ずっと追いかけさせることは不可能ですから、あまりこういうことは考えないようにしましょう。


サブカテゴリー


TOP記事30 美人になる方法 男性が好む下着とは ダメ男の対処法 恋愛で役立つ情報集