泊まっておいてしないという選択もアリ

泊まっておいてしないという選択もアリ

泊まっておいてしないという選択もアリ

 『男性の家に泊まる』『男性と一緒に泊まる』これをしておいて関係を持たないという選択、
 こんなものも状況次第ではありとなるのです。

 ただし『泊まったら基本的にはすること』これが常識となりますので、
 仮にも男性の家に泊めてもらったなどのような状況ならば、『拒まずにする』とした方が無難ですので、
 基本的にはするという姿勢を持っておきましょう。

 『しないという選択』これは、『じらす』『次の楽しみにする』ということです。
 つまりは『いずれはする』『もうすぐする』ということが確定された関係だからこそできる技ということです。


 例えば『この人とはもう少しで付き合いそう』という状況ならば、
 敢えてその日はしないでおくという選択もありということです。

 ですのでそうではなく『特に何とも思っていない関係だが一緒に泊まった・家に泊めてもらった』というのならば、
 それはすることが一般的ですし、しないという選択は基本的にはありませんので注意しましょう。

 もうすぐ付き合うという場合、敢えてじらした方がお互いの気持ちが高まるということが考えられるのです。
 特に男性の場合、交際がゴールではなく肉体関係こそがゴールです。

 そのため、早く手に入れば入るほど飽きるのも早いということもありますので、
 好きならばそこは慎重になった方がいいということもあるのです。

 ですが、あまりに慎重になり過ぎて、する機会があったにも関わらずしなかったということが続いたのならば、
 それは確実に男性の気持ちを冷ますことになります。

スポンサーリンク


 ですので、『泊まっておいてしない』これができるのは最初の機会のみということを理解しておきましょう。
 つまりは『泊まる前にもそうなってもおかしくない機会があった』というのならば、
 泊まった時というのは確実に関係を持たなければならない時ですし、
 『じらす必要はない』という状態までお互いの気持ちが出来上がっている時でもあるはずです。

 このように、『今がどのくらいの状況か』というのを判断すること、
 またその判断基準というのが『過去に関係を持ちそうな機会があったか』ということになりますので、
 『2度しないという選択はない』これを心掛けて男性と関わるようにしましょう。


 男性って、1度目ならば気持ちが高まりますが、
 2度目の機会にも関係を持てなかったのならば『この女とはないんだな』と急激に気持ちが冷めます。

 例えば行ったことがない人気のラーメン屋に行ったとして、
 『始めて行った時は臨時休業日だった』というのならば、
 『また来てみよう』と思うでしょうが、
 また来た時も臨時休業日だったのなら『もういいや』と来るのを止めるでしょう。

 『2度目はない』とはそういう心理です。
 ですので、じらせるかどうかというのも、
 男性に対し『確実に次があると分らせること』これが重要になりますので、
 そういうところも考えておきましょう。
 単純に拒んでしまうと男性も冷めるだけです。そこは冷静に考えて、どうするべきかを決めることが大切です。


サブカテゴリー


TOP記事30 美人になる方法 男性が好む下着とは ダメ男の対処法 恋愛で役立つ情報集