デートの基準を下げること

デートの基準を下げること

デートの基準を下げること

 女性はデートに誘われた時に、OKをする基準を下げてみることが大切です。
 女性の場合『80点以上の相手じゃないと行かない』このように考える人が多いのではないでしょうか?

 つまりデートをすることがかなり重大なことで、それに対する警戒心も半端なものではなかったりもするでしょう。
 そのため、自分の中で少しでも迷いがあったらNGにすることが多いのでしょうが、
 デートをすることって、別に体の関係を持つこととは違いますから、
 そこまで慎重になり過ぎることではないのです。

 デートをした結果友達になる男女もいれば、
 誘った男性の方が『この女はない』と判断して次回は誘わないということもあります。

 つまり、デートとはいえ付き合っていないのならば、単純に食事するだけですから、
 よほど不快で生理的に受け付けない相手でない限り、
 あまり身構えずに取りあえず行ってみるという選択もありになりますので、考え方を緩めてみましょう。

 というのも、『デート=警戒する』こんな風に思っているともったいないです。
 それだと、本当に好きな男性に誘われた時にしかデートしないとなってしまいますよね。

 ですがそういう機会って滅多にないでしょうし、誘ってくるのって概してどうでもいい男ではないでしょうか?
 つまり女性は『そのどうでもいい男をいかに使うか』これも大切なんです。

 どうでもいいだけで無理な訳じゃないのなら、すべて拒否ももったい無いでしょうし、またそう思っているだけで、
 話してみたら魅かれる部分があるかもしれません。

 『好きな人の誘いしか受けない』こういう考え方だと売れ残って孤独になることも全然あります。
 デートしてみて無理だと感じたら、友達になるなり断るなりすればいいのですから、
 せっかく誘ってくれた相手は賢く使って、可能性を広げるようにしましょう。


 60点の異性を狙える人と、90点以上しか狙えない人とでは、どちらの方がモテるかといえば60点となります。
 というのも、90点以上の相手に出会う機会がまず少ないですし、出会ったとしても、
 その相手を落とせるとも限らないため、許容範囲内ならば素敵な出会いだと思えないと、
 多くのチャンスを逃してしまうのです。

 『60点以上の相手で良い』こうやって考えれば、そこら中にいるとは思いませんか?
 もちろんそれら全てと交際をしたり関係を持つ必要はありませんが、接点を持っておくことは大切です。

 だからこそ、誘われたら断らないことが重要なんです。
 断ってしまったらその時点で切れてしまいますから、それはとてももったいないです。

 その男性の友達に90点がいるかもしれませんから、
 60点は友達としてデートすること、これができるようになりましょう。


サブカテゴリー


TOP記事30 美人になる方法 男性が好む下着とは ダメ男の対処法 恋愛で役立つ情報集