デートでは距離感が大切

デートでは距離感が大切

デートでは距離感が大切

 デートをする時には『男性との距離感』これがとても大切になります。
 どんなデートでも、どのくらいの距離感かによってその後が決まりますから、
 『発展させたい』『この男性と付き合いたい』と思うのならば、身体的な距離を近づけるようにするなど、
 できるだけ密着していることが大切です。

 例えば歩く時でも、『体がぶつかるかどうか』という距離で歩いていれば、男性が手をつなぎやすくなりますよね。
 通常二人である時には、お互いの体の間隔が50p以上はあるものですが、
 それを10p以内まで詰めます(笑)そうすれば、確実に『近いな』と感じる距離ですから、
 男性としても『手をつないでしまおうか?』と思うようになりますし、
 『これはOKのサインか?』とも感じ出すのです。

 従って歩いている時に『たまに体がぶつかる』くらいがちょうどいいです。
 一度ぶつかってもその距離感を崩さなければ、男性もそれがサインだと気づきますよね。

 女性の方から手をつないでしまうことも全然アリなのですが、
 女性としては『男性からつないでほしい』ということもあるでしょうから、
 そんな時にはこうしてサインを送ってみましょう。

 これは手をつなぐこと以外にも、全てに共通しているのです。
 例えば距離感が近ければ、そこからどう発展しても不思議ではないでしょう。

 『男性が女性を抱き寄せる』『キスをする』これらは全て、距離が近いからこそできることですし、
 どれだけいい感じでも、お互いの体が遠かったらその展開はあり得ません。

 ですので、デートをする時には距離感が大切なんです。
 またこれは『相手が自分をどう思っているか』これを見極めるためにも使えます。

 例えば自分が距離を詰めて、相手が逃げて行ったのならば脈無しの可能性もあるでしょう。
 単純に『そういう距離感の人』という可能性もありますが、男性は女性と距離が近いことを概して好みますから、
 それを拒んだのならばほぼ脈無しです。
 このように、体を寄せるだけで相手の気持ちも分ってきますので、デートの時にはそれを確かめてみましょう。


 デートをするのならば発展させる必要がありますから、
 『距離を詰める』『手をつなぐ』これはとても重要になります。
 毎回食事をしたり遊ぶだけで、発展がないデートでは意味がないでしょう。

 特に初デートが大切で、『その展開によってその後が決まる』となりますから、
 初デートでは積極的に体を近づけましょう。

 デートでは『手をつなげるか』これが第一段階ですし、女性もそのくらいのことはさっさとクリアしたいのでは?
 デートは結果を出すためにあります。それを忘れないように、しっかり展開を作りましょう。


サブカテゴリー


TOP記事30 美人になる方法 男性が好む下着とは ダメ男の対処法 恋愛で役立つ情報集