偶然胸を触ってしまった際の男性心理

偶然胸を触ってしまった際の男性心理

偶然胸を触ってしまった際の男性心理

 近年は男女の関係が難しい時代なので、女性以上に女性に対し警戒している男性も少なくないものです。
 わざとではなくても何かの拍子に女性の体に触れでもしたら、人生が終わる可能性もあるのです。
 従って、変態男以外の男性は、
 男女が混雑するような場所では、敢えて女性と距離を取り保身に徹する傾向が強いもの。
 一昔前ならば、本物の変態だけが御用となっていたものですが、
 近年は男女どちらにも変態がいるようで何とも住みづらい世の中といえるでしょう。

 このような現状の中で、男性は女性の体に触れてしまった際にどう思うものなのか?
 その女性が見知らぬ女性だったならば、女性のどのパーツに触れたにせよ『ヤバい』と思うのが現在の男性です。
 胸などに触れたのならば普通は喜ぶものですが、現在は違います。
 とにかくその場から逃れることと、故意ではないことを主張したくなるものです。


 【友人女性の胸を触った場合】
 体や胸を触るにしても、その女性が友人や知人ならば精神的なストレスはかなり緩和されるものです。
 むしろ、その女性が美人ならば、内心では『ヤッホー』と思うもの。
 しかし、実際には『ごめん、わざとじゃない』と謝り、その場を解決させたいのが男性というものです。


 ・友人の胸は貴重
 そもそも男は、女性の体に触りたいという願望を持っていますから、
 偶然にも女性の体に触るようなことがあれば、それは貴重な体験なのです。
 しかし、上述したように、その相手が単なる通行人のように見知らぬ女性だった場合には、
 大きなトラブルに発展する可能性がありますので、喜んでもいられないのです。

 ですが、友人女性の場合は、それがわざとではないと明らかに分れば許してくれるのが普通でしょう。
 従って男性にとって、『偶然友人女性の体に触れる』というのは、性的にも興奮し非常に楽しいことなのです。

スポンサーリンク


 ・わざとは触らない
 『友人女性の体は魅力的』とは言っても、男は決して女性の体にわざと触ることはしません。
 わざと触ってしまえば、それはトラブルの元ですから、その辺はしっかりわきまえるのが男性というもの。

 どんな男でも、正面から手を伸ばして胸を揉んでくるような者はいないでしょう。
 もしそんな男がいたら、友人失格でしょうしさすがに女性も黙っていないもの。

 しかし、男性が触れることが優しさだったらどうでしょうか?
 例えば、酔いつぶれてしまったところを介抱するとか、危険な場所を歩く際に手を差し伸べたりなど。
 男としてはこういうところで『触る』機会を窺っているのです。

 酔いつぶれた女性を介抱するのなら、抱き抱えて車に乗せたりすればその際に横チチを触ることができます。
 また、危険な場所で手を差し伸べれば、それは手だけでなくその先に抱擁が待っている可能性もあります。
 従って男性としては、あくまで紳士的に胸を触りたいんです。

 友人女性に対して、下心丸出しにして胸を触っても意味がありませんし、
 それでは、変態扱いされてその先が期待できなくなります。


 男性にとって『女性の体を触る』とは、肉体関係の前哨戦のようなものです。
 従って、ここで全てを出し切るわけにはいかず、あくまで紳士を気取り好印象を与える必要があるのです。

 友人女性が相手でも、『事故的に胸を触ってしまった』というのなら男も焦ります。
 しかし、上述したように、ある意味計画的で且つ女性も不快に感じていないようならば、
 男性としては『シメシメ』といったところです。

 そもそも気のない男性とは、介抱もされなければ危険な道も歩かないでしょう。
 ですので、これをむしろ恋のチャンスというものです。
 女性のか弱さに男が積極的になった時は、その女性に好意的であるという事。
 自分の武器を駆使して、一気に攻め落としましょう。


サブカテゴリー


TOP記事30 美人になる方法 男性が好む下着とは ダメ男の対処法 恋愛で役立つ情報集