寂しい時の対処が重要

寂しい時の対処が重要

寂しい時の対処が重要

 『寂しいと感じること』女性ならばあらゆる状況でこんな気持ちになることがあるでしょう。
 『彼氏がいなくて寂しい』『彼氏がいるのが寂しい』『孤独が寂しい』など、寂しいにもいろいろあるはずです。

 人によって足りないと感じるものは異なりますから、どんな状況が寂しいかも人次第でしょう。
 そうやって感じてしまうことは別に問題ではありませんし、それは誰にでもあることです。

 『私は強い人間だから寂しさなど感じない』という人は多くないでしょうから、
 『ひとりでも問題ない』という人の場合、『ひとりが好き』ということの方が多いでしょう。

 誰かと一緒にいたいと思うのならば、人に満たされないと感じることは当然苦しいですから、
 それを不満に思ってしまうことは仕方がないのです。

 ですが問題は、そうなった時にどんな対処をするかということです。
 『寂しい』これを理由にあり得ない行動をしてしまう女性もいますが、
 そういう女になってしまうと結局幸せにはなれませんし真面に相手にされることもないでしょう。

 ですので、『自分が苦しい時こそしっかりする』これを基準に考えるようにして、
 誤った行動は避けるようにしましょう。

 最も問題なのが『男に頼る女』です。
 自分に彼氏がいてもそうでなくても、
 『何かが不満だ』『孤独だ』と感じた時にすぐに男に頼る女というのは弱すぎですし、
 そういう女は真剣交際の対象にはなりません。

スポンサーリンク


 男性は、弱すぎる女が嫌いなんです。
 『苦しい時は男に慰めてもらう』『男に優しくされて一時的に安心する』
 こういう考え方だと『自分の力では何もできない人』という印象が強いですし、
 実際にそういう女性が多いです。

 ちょっとでも嫌なことがあるとすぐに連絡してきたり、『寂しくなった』と電話してくるなど、
 男性としては面倒くさいと感じてしまうことばかりなんです。

 男性は女の聞き役ではありませんし、何を言ってもいい対象でもないです。
 従って、自分で解決するべき問題や冷静に考えれば話さないで済むこと、
 話しても仕方のないことは言わないべきです。

 苦しい時の会話は概してつまらないものですから、そういうものをすればするだけで嫌われると考えましょう。
 また、そんな弱い女のままでは誰も支えてくれませんので、
 逆に心配されるくらい余計なことは言わない女になって、
 辛いと感じた時こそ自分で解決できる女性になりましょう。


 寂しいという感情は、自分で処理できなければなりません。
 『そういう時は男に慰めてもらうのが当然』と考えている女性もいますが、それは論外です。

 頼るだけの女性に魅力はありませんので、基本的に苦しいことは人に言わない方がいいです。
 苦しみを誰かと共有したいと思っているのならばそれは間違いですから、
 一人で乗り越えられる強い女性になりましょう。


サブカテゴリー


TOP記事30 美人になる方法 男性が好む下着とは ダメ男の対処法 恋愛で役立つ情報集