コンプレックスを解消する方法

コンプレックスを解消する方法

コンプレックスを解消する方法

 誰にでも多かれ少なかれコンプレックスはあるものですが、大切なことはそれにどう向き合っているかですね。
 例えば外見にコンプレックスがあっても、
 それを気にせず生きることができていたのなら、きっと楽しい人生のはず。
 反対に、他人は気にしないようなことでもそれがコンプレックスとなり気にしてしまっている人は、
 仮に周囲にとって魅力的な人であっても、本人はとてもつまらない人生を歩んでいるものだと思います。

 コンプレックスは、人は関係なく全てが自分の問題です。
 自分次第でどうにでもなるのがコンプレックス。
 だから、それと向き合う努力をして、コンプレックスを持たずに済む人生を送りましょう。


 【気持ちの持ち方で解消できる】
 『私は可愛そうな女』と言わんばかりに、彼氏などに感情をぶつけてしまう女性…。
 これは最も良くないパターン。
 しかも『これを聞いて慰めてくれるのが彼氏じゃないの?』などと言ってしまえば人間として終わっています。
 周囲の人間にとってはつまらない話であり関係ない話です。
 だから、そういうことを口にしている時点でダメな女なのです。


 ・治すには意識が大切
 コンプレックスを持つ人が勘違いしてしまうことは『自分は被害者である』ということです。
 『太っている』『ブスである』『モテない』など、誰のせいというわけでもありません。
 全て自分の性格次第です。

 それなのに卑屈になって、自分よりも外見や条件が優れた人を羨むことはただの我がままです。
 誰だって自分に満足できないで生きているのです。
 だから、今の自分を受け入れることが大切なのです。


 ・愚痴を言わないこと
 コンプレックスが強い人は愚痴が多いことが特徴です。
 だから、まずは愚痴を言わないように意識しましょう。
 愚痴など誰も聞きたくない話ですからこれは絶対にしてはなりません。
 『言ったら負けだ』と自分に言い聞かせることと、それによって人が離れて行くことを理解しましょう。


 ・人が聞きたくない話はしないこと
 愚痴の他にも、自分の悩みを話題にしてしまう人もコンプレックスを持つ人には多いもの。
 『私がブスじゃなかったら…』といった具合のものですが。
 これも誰も聞きたくない話ですからしないべきです。

 人に弱みを見せることなど『弱点を教えるようなこと』ですから、そこに付け込まれたら終わりです。
 仮にコンプレックスから解放された時、過去に話していた人物にどう叩かれるか分からないもの。
 だから、『コンプレックス』という自分の弱みは人には教えるべきではないのです。

スポンサーリンク


 ・無理にでも楽しい話題を探す
 体型や外見・病気など、コンプレックスは様々あり、一生付き合うものもあるでしょうが、
 それを人に話したところで解決などされず、むしろ心無い態度に傷つくのは自分です。

 だから、自分が苦しい時こそ無理にでも明るく楽しい話題を心掛けましょう。
 人は他人に無関心ですから、つまらない話にはあからさまです。
 ならば『私は悩んでなんかいないぞ』と言わんばかりに楽しい話題を提供してやるのです。

 それを繰り返しているうちに、徐々に自分が変れてきます。
 少なくとも人前では弱さを見せなくなります。

 コンプレックスを持つ人は人の痛みも分かる人ですから、ついつい聞き役にもなりがちなもの。
 でも、『自分も話さないんだから人の愚痴も聞かない』くらいでいいと思います。
 基本的にこのタイプには優しい性格の人が多いので、
 少しくらいドライでサバサバした性格になった方が、世の中とのバランスが取れるというものです。


 『弱さを見せたら負け』これがコンプレックスを解消するための条件です。
 優しくいる必要などありません。
 『冷酷な人間には冷酷に』これが社会の常識、あなたもそれを受け入れましょう。
 強くなろうと決意することで人は変れます。
 だから『絶対に弱音を吐かない』と誓うことが、コンプレックスを断ち切るための方法です。


サブカテゴリー


TOP記事30 美人になる方法 男性が好む下着とは ダメ男の対処法 恋愛で役立つ情報集