年上の女性が好きな男性とは

年上の女性が好きな男性とは

年上の女性が好きな男性とは

 近年では『逆年の差婚』も流行っているように、
 女性が男性よりも年上というカップルも多くいるものでしょう(2013年現在)

 女性の年齢が『男性よりも2歳〜3歳年上』ということならば、年の差とは言いませんが、
 5歳以上年上だったのならば、それは完全に『逆年の差』と言えるのではないでしょうか?

 女性はどちらかといえば、同性代の男性や年上の男性を好む傾向にありますが、
 それでも、どこかで『若い男性も魅力的だ』と感じている部分があるのでは?

 若くてイケメンの男性が自分に好意を持ってくれたのならば、そんな男性もありだなと感じるでしょうし、
 その男性と結婚できるのならば、それも当然一つの選択になることでしょう。


 年上の女性が好きな男性とはどんなタイプの男性なのか?
 一般的な考え方からすれば、『女性に甘えたいタイプの男性』と分析することができるでしょう。

 カップルの典型例としては『女性が男性に甘える』ですが、その逆があっても不思議ではありませんし、
 男性としても、仕事などのやることさえしっかりやっていれば、
 精神面では女性に甘えたいという願望を抱く人も多いはず。

 もちろん、男性のそんな考え方を女性が受け入れられるかどうかは別ですが、それも一つの恋愛の形。
 女性がそれを受け入れて、その女性の前にそんな男性が現れた時には、『逆年の差恋愛』が始まる訳ですし、
 年上の女性が好きな男性として、まさに『理想的な相手』に出会えたということになるため、
 二人にとってはこの上ない相手となるものなのです。

 一方で、年上の女性が好きな男性でも、全てが甘えたいタイプという訳ではありません。
 『男性が女性に甘えるなど見っとも無いこと』と自覚しながらも、年上の女性が好きな男性もいますので、
 それには、様々な理由があるのです。

スポンサーリンク


 【しっかりした女性が良い】
 年上の女性が好きな男性の中には、『しっかりした女性が良いから』という理由で、それを求める人もいます。
 女性が年下の場合、男性が感じることは『精神的な幼さ』と『我が侭である』ということ。
 そのため、年下の女性と恋愛をした場合、
 女性が自分の主張を優先させ、物事に融通が利かないことが多々あるのです。

 もちろんすべての女性がそうではありませんし、しっかり者の年下も、我が侭な年上もいる訳ですが、
 一般的な男性の視点としては『年下は我が侭だ』となりますから、
 交際相手のそんな一面が鬱陶しく、状況判断がしっかりできる女性を求める男性は、
 『年上の女性が良い』となるのです。

 従って、年上の女性に求められることは、『頼れるお姉さんのような存在でいること』です。
 恋愛対象であり、男性のことを『異性』として意識しながらも、
 必要に応じて的確なアドバイスなどをしっかり与えることができる、
 年上の女性が好きな男性は、そんな女性を年上に求めていますので、理想通りの女性になれるよう、
 落ち着いた大人の女性を目指しましょう。


 【過去に年下の女性で苦労した】
 また、男性が年上の女性を求める理由には『過去に年下の女性で苦労した』ということも考えられます。
 上述した通り、一般的には『男性にとって年下女性は我が侭である』ですから、
 それに直面した経験を持つ男性にとっては『年下の女はコリゴリ』なのです。

 そうなれば、『次は精神的に大人な女性が良い』となりますから、必然的に年上の女性が好きになるもの。
 その後実際に年上の女性と交際し、それがイメージ通りに大人な女性であったのならば、
 男性は100%満足しますから、どれだけの年の差があったとしても、結婚を考える可能性も十分にあるのです。

 『過去の恋愛がその人の恋愛観を変える』これは一般的なことですから、
 その結果が『年上の女性が良い』という結論に達することだって十分あり得ます。
 従って、気になる年下の男性がいたのなら、その男性の過去の恋愛を聞き出せば、
 『脈の有無』を確認することができるでしょう。

 相手がどんなものを求めているか、それを聞き出して臨機応変に対応することも年上の女性の力量です。


 【可愛い一面も必要】
 男性の方が年上だと、女性としては『いつもしっかりしていなければ』と思うことが多いでしょう。
 基本的には男性もその方がやりやすいですし、
 4歳〜5歳以上年上の女性が毎日のように自分に可愛く振る舞ってきたのなら、
 それはそれで疲れてしまうこともあります。

 ですが、いつもクールすぎるのも、『本心が分からない』という意味で不満に感じるもの。
 男性は基本的に頼ってほしいという性質を持っていますから、その男性が何歳年下であっても、
 頼る部分は頼ったり、可愛らしい一面が必要になることもあるのです。

 『クールな女が時々可愛くなる』って、とても魅力的なことですから、
 『男性らしい一面が現れた』と感じた際には、素直に頼り女性らしくなることが大切です。


 男性はそんな部分に『可愛い』と感じますから、年齢差には関係なく、常に異性であることを意識しましょう。


 【子ども扱いはしないこと】
 どれだけ年上の女性が好きな男性でも、
 その女性から過度な子ども扱いをされたのなら、当然嫌いになるのでそれには注意が必要です。

 例えば、赤ちゃん言葉を使ったり、頭をなでたりしたのなら、それは異性ではなく母性ですから、
 そうなれば男性としても恋愛の対象ではなく怒りの対象に変わるもの。

 男性って、どんな女性が相手でも、子ども扱いされることを嫌うのです。
 『いつでも誰にでも男に見られたい』これが男性の本能。
 従って、その男性がどれだけ子供に見えたとしても、子ども扱いだけはしないようにしましょう。


 年上の女性が好きな男性に、全体的にいえることは『対等になれる相手を求めている』ということ。
 甘えたいという男性もいますが、むしろ、『対等な関係を築きたいから』という理由の方が多いもの。

 年下女性よりもしっかりしているのが年上の女性。
 だからこそ男性は対等な交際が出来る訳であり、それが年上の女性の魅力なのです。
 そんな男性の心理を理解している女性はモテますので、『年上がモテるためには』を十分に考え、
 必要とされる女性になりましょう。


サブカテゴリー


TOP記事30 美人になる方法 男性が好む下着とは ダメ男の対処法 恋愛で役立つ情報集