男の目的が分かる女になること

男の目的が分かる女になること

男の目的が分かる女になること

 男性は、純粋な友達になりたいと考えて女性と関わることは殆どありません。
 『学校の友達』『職場の飲み仲間』『よく食事に行く関係』など、こういう仲でも必ず目的があるのです。

 女性の場合、『彼とはただの友達だ』『私を女として見ているはずがない』と捉えることも多いですが、
 その考え方自体が間違いなんです。

 女性が男性と関わる際には『その気がないなら近づかない』という鉄則があります。
 つまり男性は『体の関係が持てるかもしれないから関わっている』ということになりますので、
 『男性とは基本的にそういうものだ』『近日中にそうなるもの』これを受け入れた上で関わるようにしましょう。

 男性としては、それを分っていない女というのは迷惑な存在なのです。
 勝手に親友と捉えたり、お互いに異性を意識していないと考える女性は多いですが、
 男はそんなことはなく、単純に我慢しているだけです。

 もちろん男性にだって『異性を意識しないで済む女』というのはいますが、
 そういう女性とは関わるメリットがないため、基本的に一緒にいることはありません。

 女性だって『全く好みではない』『生理的に無理』という男性とは友達にもなれないのでは?
 男性の場合それが特に強く、『会話するのも不快だ』となるため、一緒に食事とかそういうのはあり得ないのです。

 ですので、食事などをしている時点で男性にとってはアリということで、
 さらには『そうなることを望んでいる』となります。

 もちろん全ての男性がそうではありませんが、一般的にはそれが当たり前ですから、
 『この男性とはない』『そういう対象として見てない』と思うのならば誘われても行かないようにしましょう。


 女性は、『男として見てない』ということがありますが、これは都合のいい言葉です。
 女性がどう思っているかというだけで、男性がどんな意図でいるかなど一切考えていないため、
 相手に失礼にもなります。

 特に彼氏がいる女性が、『あの人は男として見てないから』と男友達と遊びに行くことがありますが、
 彼氏の立場からすれば『結局男と遊びたいだけだろ』となりますので、そういう言い訳は控えた方がいいです。

 女のイメージは一度崩れると元に戻すことができません。
 『男として見てない』これはとても印象が悪いセリフですから言わないようにしましょう。

 同じように、『女として見てない』と言われたら納得ができるのかということもありますし、
 とにかく自分勝手な言葉に他なりません。

 男性が女性と関わる時の目的はひとつなのですから、女性がどう思っているかなど関係ありません。
 そういうことも分かる女性になって、イメージを崩さないようにしましょう。


サブカテゴリー


TOP記事30 美人になる方法 男性が好む下着とは ダメ男の対処法 恋愛で役立つ情報集