年上と結婚した男は後悔する

年上と結婚した男は後悔する

年上と結婚した男は後悔する

 『年上女性と結婚した男』このような男性の多くが後になって後悔しています。
 それも10年・20年先ではなく、1年〜2年後という極めて短い期間で『失敗だった』と感じるものなんです。

 というのも、男性にとって年上女性と付き合うとは、過ちのようなものです。
 その時は魅力的な人だと感じるものですが、それは本当にその時限定ですから、
 早い人の場合、数ヶ月で飽きてしまうということもあります。

 また年上と結婚する男には、20歳代半ばまでの人が多いでしょう。
 つまり、比較的若い男性が20歳代後半の女性と結婚したりする訳で、さらに交際期間は1年程度だったりと、
 『まだ後悔できていない段階』だからこそ結婚に至ったということになるのです。

 もちろん、全ての男性がそうなる訳ではありませんが、これは極めて高い確率でなると考えられます。
 というのも、『自分の奥さんは既におばさん』という時に、同世代は若い子と遊んでいたり、
 『10歳以上年下の女の子と結婚する』という人もいる訳です。

 そうなれば、現状に不満はなくても嫉妬してしまうのが人間ですし、それが羨ましいと思うに決まっています。
 男は基本的に若い女性が好きですし、それは変えられないのです。

 近年では逆年の差結婚も流行っていますし、芸能人でもそれをする人が多いですが、
 男性の本能で考えれば『浅はかだ』となります。

 年上女性と結婚した結果男性が後悔してしまったらどちらも不幸になりますので、
 そういうこともしっかり考えるようにしましょう。

スポンサーリンク


 またこれに関しては、女性がしっかり断ることが重要とも言えます。
 例えば5歳〜6歳年下の男性と交際をして、その相手が20歳代前半ならば、
 その時の感情だけで突き進んでしまうことも当然あるので、
 そういう時にはブレーキをかけてあげることが大切です。

 それができないと自分自身が不幸になることを理解しましょう。
 女性がどれだけ美人でも、年下の男性にとって『永遠に綺麗』ということはあり得ません。

 年齢差というのは、交際をする上でとても重要なことですし、
 『女性が上』となったらこれは考えなければならないことです。

 最悪の形は、『年下の男性と結婚したが数年後に離婚する』というものです。
 こうなってしまうとそれなりの年齢になっていて再出発が難しいですから、
 『恋愛と結婚は別』と考えることが大切です。


 恋愛の延長に結婚を置いてしまうとダメなこともあります。
 好きだけでは結ばれないこともありますし、『止めた方がいい相手』というのもいます。

 軽い気持ちで結婚する人もいますし、そこまで重く捉えることではないのかもしれません。
 ですが、『違った』と思った時に女性はやり直しがきかない場合があります。

 『自分が恋愛できなくなる』『男性から相手にされなくなる』これはその時になってみないと分らないことですし、
 また誰にでもやってくることです。
 ですので、その時期が来た時には幸せでいられるように、考えるようにしましょう。


サブカテゴリー


TOP記事30 美人になる方法 男性が好む下着とは ダメ男の対処法 恋愛で役立つ情報集