水着と下着の違い

水着と下着の違い

水着と下着の違い

 『女性の水着姿と下着姿』男性にとって、これには大きな違いがあります。
 女性としても、水着と下着とでは意識が違うでしょうし、
 海で水着を身に着けているところを男性に見られても抵抗はないでしょうが、
 街で何かの現象によって下着を見られることがあったのならば、ものすごく恥ずかしいのではないでしょうか?

 もちろん、水着はそれ一枚で着るように作られていますし、
 海で身に着けるからこそ恥ずかしくないというのもあるのでしょう。
 また男性としても、どれだけ胸や脚が露出されても、下着と形が似ていても、
 公に一枚で着るものと決まっているからこそつまらないというのがあるのです。

 また、水着姿を隠す女性もいないでしょうし、水着からは性を想像することもできません。
 そのため、男性にとって女性の水着とは、スタイルが確認できるというメリットはあるものの、
 普段着と全く変わらない何の魅力もないものなのです。

 むしろ、普段着の方が谷間や脚などが『もしかしたら見えるかもしれない』という面白さがあります。
 また、普段着の場合には当然中身は下着でしょうから、それが見える可能性という楽しみもあるもの。
 そのため『水着よりも普段着の方が良い』という男性も多いのです。

 ベストは、普段着で女友達などの胸サイズなどを想像しておいて、海に行った時に水着で確認するということ。
 水着の場合、貧乳だと思っていた子が想像よりあったり、大きいはずの子がそこまでではなかったりと、
 色々な発見があって楽しいもの。

 ですので、女性の水着というのは、
 『普段の私服があって初めてその魅力が完成するもの』こんな風に考えることができるでしょう。

スポンサーリンク


 【下着とは】
 下着というのは別格なのです。
 下着は性に直結するため、ちょっと見えただけでも極度の興奮を覚えるもの。
 『男性が目で追ってしまう』といえば下着のことであり、
 それが見えそうになるとどうしても追いかけてしまうのが男なのです。

 水着と下着、どうしてここまで違うのかと疑問を持つ人もいるでしょうが、
 最大の違いは恥じらいがあるかどうかでしょう。

 水着は隠そうとしませんが、下着は隠すことが普通です。
 そんな女性の仕草と『見えそうで見えない』という心理が男性をくすぐるのです。

 また下着の場合、『見たらダメ』という先入観を男性は持っています。
 そのため、見えそうな機会があってもバレないように見るのが基本。
 だからこそ男性は興奮しますし、下着は別格の性の対象となっているのです。

 ですので、堂々と下着姿で歩いている女性がいても興奮することはありません。
 『見たらダメなもの』『見えそうで見えない』こんな条件が揃っているからこそ楽しい、
 それが、下着に対する男性の心理なのです。


 下着は重要ですから、基本的には身に着けておいてほしいですね。
 下着を身に着けないで良い状況というのは限られた時だけですから、普段はあった方が燃えます。
 男性が何に興奮するのかを理解して、しっかり追わせることができる女性になりましょう。


サブカテゴリー


TOP記事30 美人になる方法 男性が好む下着とは ダメ男の対処法 恋愛で役立つ情報集