露出しない女性は1回で終わる?

露出しない女性は1回で終わる?

露出しない女性は1回で終わる?

 女性には『露出する人としない人』とがいますよね。
 一般的には、露出する女性は自分に自信があると捉えられることが普通であり、
 また男性にもモテるとなる一方で、『軽く見られがち』とも思えるでしょう。

 実際に、露出とは無縁の女性達からすれば、
 『あんなに出す女は性格が悪い』『男を騙す女だ』と批判する人もいるのではないでしょうか?
 反対に、露出しない女性の場合、『自分に自信がない』『スタイルに難あり』これが一般論のはず。

 とはいえ、派手過ぎず控え目な外見からは、
 『真剣交際の対象になる』『金がかからなそうで良い』という評価もあり、
 マイナスともプラスとも言えないところでしょう。

 露出がないとはいえ、お洒落であれば問題ない訳で、ファッションのポイントを押えていれば、
 十分モテる可能性があると言えるのです。

 しかしながらこの両者、どちらの方が長続きするかと言えば、『露出アリの女』なのです。
 男性というのは、肉体関係を持つまでに、ある程度女性の体を想像しているものです。

 『胸はこのくらい』『腹はしっかりくびれているだろう』『二の腕は引き締まっている』『脚は綺麗なはずだ』
 などのように、たいていの場合がプラスの印象を作り上げてしまうのです。

 そのため、露出アリの女性の方が、より鮮明なイメージを作りやすく、
 さらには、露出していることで『かなりの情報が入ってくる』となりますので、
 結果的には大幅な外れはないのです。

スポンサーリンク


 例えば『胸元が大きく開いた服、ミニスカート』こんな女性ならば、重要な情報は取得済みですし、
 その他の部分はそれほど気になりません。

 それが露出なしの場合、例えば森ガールファッションなどだと、大変お洒落な服装ではありますが、
 『体型の印象が全くつかめない』ということもあり、
 『脱いだ時にイメージとのギャップがかなりある』となってしまい、
 『その1回だけで終わり』という結末も十分にあり得ます。

 男性は、女性の体型が想像以上に悪いとダメになってしまいますから、
 自信がないのならばむしろ露出した方がいいのです。

 森ガールなどの場合、かなりスタイルに自信がある女性でないと、
 『脱いだらドン引き』ということもありますので注意しましょう。


 『女性が露出をするかどうか』これってそのまま自信があるかどうかですよね。
 もちろんファッションの拘りとして、『敢えて露出しない』という人もいるでしょうが。

 しかし、それでも女子大生などには、
 『露出している人はスタイルもよく美人』『露出がなく地味な人はスタイルや顔もイマイチ』
 こんな印象を男性は持っています。

 実際に、露出アリの女子大生の方が、圧倒的に男友達が多いのではないでしょうか?
 『女性が露出する』これって、10歳代20歳代などのように、若いうちの特権でもあります。
 ですので、どこかで目覚められるように、また1回で終わらないためにも、しっかりスタイルを作りましょう。


サブカテゴリー


TOP記事30 美人になる方法 男性が好む下着とは ダメ男の対処法 恋愛で役立つ情報集