下着が見えそうなことが条件

下着が見えそうなことが条件

下着が見えそうなことが条件

 女性のファッションは『下着が見えそうなことが条件』こんなことが言えるのです。
 とはいえ、『いつも際どい服装をしている』や『サザエさんのワカメちゃん状態』
 のようなことを言っているのではなく、あくまで『見えそう』ということが大切なのです。

 またこの見えそうというのは『見えるかもしれない』という要素も含まれているため、
 『必ずしもミニスカート』や『必ずしも大きく胸元が開いている』という必要はないのです。

 それよりも、ぴったりした服で体のラインがはっきり出たり、長めのスカートでもスリットが入っていたり、
 または、座る際に脚を組んだり組み替えたり、上着にしても、そこまで胸元が開いていなくても、
 姿勢一つで見えそうになってきますので、
 そういう部分を心掛けることでいくらでも男性を挑発することができるため、
 女性はそんな技術を身に着けることが大切になってきます。

 むしろ、どれだけ露出が高い服装をしても、『見せ方』これを知らない女性には色気がないのです。
 幼い女の子がミニスカートを穿いていても、男性は何も感じないことと同じで、
 『女性自身が女を自覚すること』これが全てにおいて大切になります。

 そのためには、どんな男性が相手でも異性として見れることも重要ですし、
 そんな目を持つことが女性の魅力につながりますので、男性は女というものをどんな気持ちで見ているか、
 これを理解した上で、『自分のどこを見られているか』
 『その視線の意味とは何か』『自分とどんなことをしたいのか』これらを考えられるようにしましょう。

スポンサーリンク


 経験豊富な女性ならば、男性の視線一つで全てを読み取れるでしょう。
 男性に下心があるかどうかなど、これが一瞬に分かるはず。
 ですので、ある程度の男性経験って必要なものなのです。
 それなりの男性経験があれば、選ぶ服装もそれなりのものになってきますし、外れが無くなります。

 『いい女』と言われる女性って、たいていの場合が男性好みの服装をしているのです。
 要するに『露出にしてもボディーラインにしても、見たい箇所のポイントを理解している』ということ。
 だからこそ、女性からすれば『どうしてあの子がモテるの?』という女性でも、
 男性からは人気があったりするのです。

 ファッションが魅力的になるかどうかも経験が大切ですから、
 たくさん男性を知って、『どこに興味があるか』を理解しましょう。


 『胸を出せばいい』このように思っている女性もいますがそうではありません。
 品が無くなってしまうとそれで終わりですから、出すにしても上品さは大切です。

 この辺のバランスが『これ以上出すと男性は嫌がるな』とか『これくらいだと喜ぶようだ』
 ということが経験によって分ってくるのです。

 基本的には『見えそうで見えない』これが最も興奮するポイントですから、それを心掛けると良いでしょう。
 見せるのはほんの一瞬にして、いつもは見えそうという期待を与えることです。
 それができれば完璧ですので、ファッションを磨いてみましょう。


サブカテゴリー


TOP記事30 美人になる方法 男性が好む下着とは ダメ男の対処法 恋愛で役立つ情報集