体目当てに対する考え方

体目当てに対する考え方

体目当てに対する考え方

 男女により『体目当ての基準』というのは異なります。
 女性は『関係を持つ前に、男性の性格や自分に対する気持ちをしっかり見極めて判断する』というものであり、
 男性がどれだけ自分に対し真剣か、それを知ることこそが安心材料であり、
 それが分かった時にこそ、肉体関係を持てるのが女性というものでしょう。

 一方の男性は、『肉体関係を持ってから、その女性を体目当てにするかどうかを判断する』というものなのです。
 女性としては、これは驚きでしょうが、
 男性って『初めから体目当てで近づき、数回関係を持ったら終わりにしよう』ができるほど、冷静ではありません。

 その女性の性格次第で、どんな男性でも本気にも遊びにもなってしまうもので、
 それが『男性にとっての恋』なのです。

 従って、意外でしょうが体目当てのつもりで近づいている男性であっても、本気になる可能性は十分にあり、
 また、真剣交際のつもりでも遊びになることもあり得るもの。

 男性って、全てが肉体関係を持ってからですから、そうしてみないと何も見えてこないのです。
 女性は関係前にすべてを判断しますが、男性は関係後に全てを判断します。

スポンサーリンク


 【メリットデメリット】
 『男性は関係を持つ前に騙しやすく、女性は騙されやすい』
 『男性はどんな女性にも嵌りやすく、女性は冷静に相手を分析できる』
 これが、それぞれのメリットデメリットでしょう。

 男性の場合、
 女性の『交際前に相手の紳士的な態度や優しさで、関係を持てるかどうかを判断する』という性質を利用し、
 体だけを頂くということが出来る訳です。
 これがいわゆる体目当てであり、女性の話をしっかり聞く優しい男性に限って、こんな男が多いでしょう。

 これって、『やるまでの辛抱』ですから、このタイプの男性はそれに全てをかけています。
 話を聞いたりすることは、本来ならば苦痛で退屈な時間ですが、『関係を持てる』という希望があるため、
 そのために頑張っている訳です。

 一方、肉体関係後の女性の性格次第では、男性は嵌ってしまうもの。
 関係後って、主導権があるのは女性なんです。
 その時の男性心理は『俺の女になった』や『手に入った』ですから、そこでいかに不満を持たせるかによって、
 その後の関係性を築けるかがかかっています。

 そこで、『俺に嵌っていない』と感じさせるような女だったのならば、男性は必ず追いかけます。
 そうなれば女性の勝ちですから、それがどんな女性であっても男性は追いかけ、
 自然に交際に発展しているのです。


 何でもすぐに『体目当て』と捉えてしまうのって良くないでしょう。
 肉体関係がなければ、男女関係は成立しませんから、拒むよりもリードすることが大切です。

 大切なことは自分が嵌らないこと。
 いつでも相手を嵌らせるように工夫をすれば、必ず勝者になれます。
 性欲に対して前向きになって、男性を追いかけさせましょう。


サブカテゴリー


TOP記事30 美人になる方法 男性が好む下着とは ダメ男の対処法 恋愛で役立つ情報集