逆プロポーズの方法

逆プロポーズの方法

逆プロポーズの方法

 プロポーズというのは、
 原則的には男性からするものですが、状況によっては『女性からする』ということもあり得ますね。
 それが、逆プロポーズとなる訳ですが、女性としても『できるのなら逆プロポーズは避けたい』が本音でしょうが、
 『男性が一向にプロポーズしてくれない』や『自分が結婚に焦っている』『早く結婚を決めたい事情がある』
 という場合には、逆プロポーズも必要となってくるでしょう。

 しかし男性は、結婚に関しては自分で全てを決断したいが基本的な考え方です。
 従って、逆プロポーズを成功させることって、実はかなりハードルが高いのです。

 男性としても、『まだ結婚する段階ではない』『結婚できる相手かどうかを審査している状態』だからこそ、
 プロポーズしない訳であり、それが100%定まっているのなら、自分から『結婚しよう』と言っているはず。

 このような事情を考慮すれば、逆プロポーズの難しさも見えてくるでしょう。


 【覚悟が必要】
 逆プロポーズをするのなら、『ダメなら別れる』という覚悟が必要です。
 つまり方法としては『結婚か破局かの二択になる』ということ。
 これは、相手にそれを選ばせるということはもちろんですが、
 失敗すれば自分自身もまた一からやり直しということです。

 女性によっては、『そのために男性を複数同時進行しておく』という人もいますが、
 そんなことをしてしまえば、結婚生活もいずれは破たんしますので、人の道に逸れることは止めましょう。


 恋人がいても出会いを作ることは自由ですが、そこで同時進行してしまえば歯止めが効かなくなります。
 また『これがダメだったら他の人にいけばいい』という気持ちでプロポーズをしても成功などしませんので、
 逆プロポーズをするのなら、本気でその人だけと結婚したいと思える状態を作ってから、臨むようにしましょう。

スポンサーリンク


 ・男性の気持ちを確認すること
 男性って、女性の口からストレートに『結婚』と言われると、重くて嫌気がさします。
 従って、そのような表現は避けることがポイントとなってきます。

 例えば『このまま交際を続けていて未来はあるのか』や『あとどのくらい待てばいい?』などでも、
 十分逆プロポーズとなりますので、ストレートな表現は避けて、
 あくまで男性に『結婚の意思はあるのか』ということを確認する形を取りましょう。

 女性が男性に対して『結婚しよう』と言うことは、なかなか難しい部分があります。
 従って、上記のような表現で、男性に判断させることと、時期を明確にさせることなどが大切になってきます。



 結婚に関しては、原則『男性から女性』なのです。
 男性が結婚に慎重なのは『良いイメージばかりではない』からです。
 結婚となると、男性には大きな責任が圧し掛かりますから、それを背負えるかどうかもありますし、
 『この女性で良いのか』というのも大きな問題となります。

 ですので、どこかではっきりさせるとはいえ、『そんなことまだ分からない』と言われる可能性も十分にあります。
 しかしそれは、結婚から逃げているのではなく、本当に分からないだけですので、
 そんな答えが返ってきた際には、『結婚』で捉えるのではなく、『この男性と一緒にいたいか』で判断し、
 信じてみるのも一つの方法となります。


サブカテゴリー


TOP記事30 美人になる方法 男性が好む下着とは ダメ男の対処法 恋愛で役立つ情報集