キスしてほしい時にはサインを出すべき

キスしてほしい時にはサインを出すべき

キスしてほしい時にはサインを出すべき

 彼氏や好きな人と一緒にいる時に、『キスしてほしい』と思うことがありますよね。
 こういう時には待っているだけではなく、『自分からサインを出す』これが重要になります。

 特に近年の男性は恋愛経験が少なかったり、キスのタイミングが分からない場合もありますから、
 キスしてほしいなと感じた時でもある程度はフォローしてあげましょう。

 100%相手任せだと上手くいかず、
 結局発展しないまま終わってしまうこともあり得ますので、そうならないための対策が必要です。


 ・キスしてほしい時のサインとは
 キスしてほしい時には『していいよ』というサインを出すべきです。
 男性というのは基本的にキスしたいと思っていますから
 『していいよ』というサインがあったら気付く人は多いです。

 例えば『相手の目をじっと見つめる』『顔を近づける』『体を寄せる』など、
 これらがあると男性も『キスしていいのかな?』『サインかな』と考えるようになります。

 良い雰囲気になった時、どちらが先に行動するかは重要ですが、
 その時のポイントは待ってしまわないことです。

 本当はキスしてほしいのに『相手からくるだろう』と待ってしまうとその日は何もなく、
 そのまま何となく気まずくなって終了になりますので、
 『今がするべき』というタイミングは逃さないようにしましょう。

 また、『キスしてほしい』と感じたら、自分からしてしまうのもアリです。
 女性によっては恥ずかしくてできないかもしれません。

 ですが、そこでしないとその男性とは交際することなく終りだったり、
 既に交際していてもすぐに別れる可能性もあります。

 せっかく付き合ったり好きになったのなら先に進みたいでしょう。
 それならばどちらかが積極的になる必要がありますので、
 『相手が来ないのならば自分から』こんな考え方も時には必要になると理解しましょう。


 男性は、自分からキスする女が嫌だとは思いません。
 むしろ、ずっと待っている女よりも全然良いです。

 基本的に受け身の女性だと、何を考えているのか分からないところが多いため難しいのです。
 ですのでキスしてほしいとか、気持ちがはっきりしている時にはそれに素直になった方がいいですし、
 その方が全然可愛らしいです。

 素直にならない女性ほどNGなものはありませんので、
 上手にサインを出して男性を誘導するか、または自分からするようにして次の段階に進みましょう。


サブカテゴリー


TOP記事30 美人になる方法 男性が好む下着とは ダメ男の対処法 恋愛で役立つ情報集