『恋愛が趣味』とは思わないこと

『恋愛が趣味』とは思わないこと

『恋愛が趣味』とは思わないこと

 特に目指すものもなく、恋愛が趣味のようになっている女性もいますが、
 男性はこのような人には魅力を感じないため注意しましょう。

 恋愛しかない女性の場合、『交際をすると大変だ』と感じてしまうものです。
 というのも、男性にはたいていの場合やりたいことがありますし、恋愛よりもそちらの方が大切なんです。

 ですが『恋愛が趣味』という女性が相手だと『もっと私に時間を割いて』となるため、
 その時点で考え方に違いが生じるのです。

 男性の理想は『たまに会う程度の仲』ですから、毎日のように連絡を取り合ったり、
 週に何度も会うような交際がしたい訳ではなく、
 むしろ基本的には『週の殆どは自分のための時間だ』と考えていますので、
 恋愛以外にすることがないというタイプの女性は重いと感じてしまうのです。

 またこのような女性は『男性に依存する』こんな傾向もありますし、それが当たり前と思っている部分もあります。
 一般的にパートナーに依存することは良くないですし、普通の女性ならばそれはしないことです。

 『相手に頼り過ぎてはならない』『弱い部分を見せてはダメだ』こう考えるのが人間で、
 『マイナスの部分を見せることは迷惑をかける』と考えられることが真面なはずです。

 ですがそれができない人の場合、『弱い部分を見せれば助けてもらえる』と考えてしまうため、
 だからこそ依存するという選択をするのです。

スポンサーリンク


 普通弱い人間など嫌われて誰にも相手にされませんが、
 このタイプの人はそうは考えず『助けられるのが当たり前』と思ってしまうのです。

 それが最も嫌われるところで、そのため恋愛も上手くいきません。
 『かまって女がNG』というのは一般論ですが、これも『かまって』と弱い部分を曝け出すことや、
 それが当たり前だと思っているからこそNGなんです。

 人間は『弱くて当たりまえ』『私はこれだけ可哀相な人』と訴えたらお終いですから、
 そういう部分は見せないようにしましょう。


 弱い女性にならないためには、自分を持つことです。
 またそのためには、目標を作ることが一つの選択です。

 『1年後にはこうなっていたい』『これを成し遂げたい』という目標があれば人などどうでも良くなってきます。
 ですので、『私は弱い』『かまってタイプで依存する』と思うのならば目標を持ちましょう。

 ただし、その目標に人を絡めてしまうことはNGです。
 例えば『1年以内に今の彼と結婚する』という目標では相手がありますから難しくなります。

 目標を作るのならば向上していけるものが良いですから、
 ひとりでできることと人に流されないものを選んで、自分の成長に役立てましょう。


サブカテゴリー


TOP記事30 美人になる方法 男性が好む下着とは ダメ男の対処法 恋愛で役立つ情報集