男性が不快に感じる女性の言動

男性が不快に感じる女性の言動

男性が不快に感じる女性の言動

 男性は『女性が下ネタ話す』ということが好きであり、
 そういう話に積極的な女性がいると男性は嬉しいものなのです。

 例えば『胸のサイズを聞いたら教えてくれる』『かなり深い会話でも乗ってきてくれる』
 『多少のボディータッチならばアリ』このような女性は男性としては嬉しい存在という訳です。

 ですが、これは『女性の外見が良い』という条件があるのです。
 美人じゃなければならないという訳ではありませんが、『見れる外見』これは絶対になります。

 そのため、ブスやデブといった見るに耐えない女が下ネタを言った場合、それは面白いものにはならず、
 かなり不快な言動になってしまいますので注意しましょう。

 外見が悪いと『品がない』と捉えられがちなんです。
 美人や可愛い子ならば何を言っても上品に見えるものですが、
 そうでない場合、『何を言っても下品』となってしまうことも多く、
 さらにその下品な女が下ネタを言ったとなれば、男性は完全に引きます。

 また『どう見てもモテない』と思われる女性の下ネタというのもNGですし、
 そもそも下ネタというのは、女性が可愛いからこそ楽しいのです。

 例えば、『無収入の男が高級料理店の話をしてくる』となったらなんか不快ではないでしょうか?
 別に連れて行ってくれる訳でもないだろうし、何のためにしているんだと思うでしょう。

スポンサーリンク


 それが高収入の男性ならば『奢ってくれるのかも』という期待もあって楽しいでしょうが、
 『確実にこの男はない』ということが分かっていれば興味も持てず、聞かされるだけ不愉快な話のはずです。

 『ブスやデブの下ネタ』これも同様で、それらの女性に聞かされても、
 その先を期待したい訳でもないですから、だからこそ不快なんです。

 外見が悪い女性は基本的に黙っていた方がいいです。
 女性の場合、『外見』というのはそのまま能力ですから、自分がどのレベルかを知ることも大切です。


 『外見が悪いのならば磨くべき』となりますが、それでも限界もあるでしょう。
 『どれだけやっても可愛くなれない』こんな女性もいると思います。

 そういう女性は稼ぐという能力に力を注いだ方が手っ取り早いです。
 『女として求められたい』これは分かりますが、
 男はどうしても美人や可愛い子が好きですし、それを変えることはできません。

 また、基本的に若い女性が求められる、こんな現実もあります。
 そのため、頑張って綺麗になっても年齢には勝てないのです。

 それならば、自分の力で収入を得て、それに集ってくる男を楽しんだ方がいいでしょう。
 男も女も、自分に稼ぐ能力があればそれなりに異性を楽しむことができます。

 ですので、『私はブスだから』と諦めてしまうのならばとにかく稼ぎましょう。
 現状が『何を言っても男に不快な顔をされる』というのならば仕事をしろということです。
 高収入になれば見返すことができますから、諦めないようにしましょう。


サブカテゴリー


TOP記事30 美人になる方法 男性が好む下着とは ダメ男の対処法 恋愛で役立つ情報集