マザコン

マザコン

マザコン

 女性の皆さん、彼氏に『マザコン』発言は止めましょう。
 恋愛経験が少ない若い男性ならば、子供扱いされているようでムッとし、
 自分に非があるかのように捉えるかもしれませんが、
 ある程度の経験と年齢に達してから『マザコン』と言われても、
 単なる女の遠吠えと負け惜しみにしか聞こえません。

 既婚者ならば、母親の肩を持ちそうなど、理由はいろいろかもしれませんが。
 恋人関係のうちから『マザコン』発言をされていたら、男の方はウンザリです。

 恋人関係での『マザコン』発言は嫉妬も含まれると思いますが、
 母親の料理が上手いという話をした、母親の話をした、母親が…、
 これらにいちいち『マザコン』と言われてもきりがありませんし、嫉妬する対象ではありません。
 そもそも、母親に嫉妬している彼女の存在が、少々不気味でもあります。

 何より、親を大切にしない男だったら、彼女のことも大切にはしないでしょう。
 そこは見極めるようにしましょう。

 また、自分の都合で『マザコン』発言をしている女性は聞いていて分かるものです。
 自分が嫉妬したなどの気に入らないことがあった際に言う『マザコン』には裏付けがありません。
 それは単なる嫉妬の当てつけ。
 例えば、彼氏が自分より年下の女性の話をしたから『ロリコン』と言うことと同じです。
 これではまさに遠吠え、
 惨めなだけのモテない女になってしまうので嫉妬による『マザコン』は避けるようにしましょう。

 反対に、『もしかしてちょっとマザコンかも?』とマザコンを疑った時には、
 簡単に『マザコン』などと言葉にはできないはず。
 そういう時には冷静になって、その後の彼の言動で自分の中だけで結論を出すものではありませんか?
 例えそれが理由で別れを決意しても、『あなたはマザコンよ』とは言わないはず。
 それがモテる女というものです。

 これらから分かるように、『マザコン』と発言すること自体、単なる当てつけであることが殆どなのです。
 単純にそれが不快だから、『マザコン』と言って彼氏を否定する。
 気持ちは分かりますが、これは嫌われるだけで賢いやり方ではありません。

スポンサーリンク


 『母親の話に対するモテる女の返し方』
 相手が母親であろうと、普通の女性であろうと、嫉妬心を剥き出しにするのはスマートではありません。
 これはモテる女の主義に反します。
 特に男性は、母親の話をする時、『嫉妬させよう』と思って話している気は全くなく、
 単純に家族の情報を伝えているのです。

 ですので、母親の料理の話などが出た時は、感情に任せて『マザコン!』とバカにするのではなく、
 『私、お母さんの味に近づけるかな?』とその話に乗っかります。
 するとたいていの男は『そんな気にしないでいいよ。○○の料理好きだし』と言うはずです。
 むしろここで、
 『頑張って近づいて。母の料理は味が絶品で〜』と母自慢する男だったら『マザコン!』でいいと思います。

 殆どの場合、『○○の料理好きだし』で母親の話は終わり、二人の話に切り替わります。

 ここでのポイントは、『一時的に認めてしまうということ』
 人は否定されるとムキになりますから、嫌なことを言われた時こそ一時的に肯定してしまうのです。
 そうすれば、その人間が悪人でなければですが、『人を不快にさせていたんだな』と気が付くはず。


 『マザコン』という発言は感情表現の一つに過ぎません。
 それは、モテる女には不要な感情。どんな時でも冷静になること、それこそがモテる女の条件です。


サブカテゴリー


TOP記事30 美人になる方法 男性が好む下着とは ダメ男の対処法 恋愛で役立つ情報集