友達から始めるはNG

友達から始めるはNG

友達から始めるはNG

 告白された際に『友達からならいいですよ』という承諾の仕方、
 これは曖昧な表現となるため避けた方が良い言い方です。
 告白した側としては、告白をした時点である意味では友達な訳です。
 そうでなければ告白できる状況にはないでしょうから、『そこからまた友達』はあり得ないもの。

 そのため男性としては、『単純に金づるとして利用するつもりだ』と捉えるもの。
 そもそも、告白に対してYES・NOがはっきりしない時点で怪しまれても仕方がないでしょう。
 『考えさせて』という答え方もまた同じであり、捉える人によっては『脈無しだ』と捉えますね。

 従って、男性は概して『友達から』という承諾を嫌うものです。
 友達からと言われた時点で『振られたんだな』と理解し、その女性とは縁を切る男性もいますので、
 その返答方法は考えた方が良いでしょう。

 しかしながら女性は、『友達からならOK』ということを、告白の承諾の意味として使うものですね。
 『正式な彼氏ではないけれど、友達期間を経たのちに、採用不採用を決める』というもの。
 ですので、女性にとっては、本当に『友達からのスタート』があるかと思いますが、
 上述したように男性はそれを理解しません。

スポンサーリンク


 従って、その男性のことが少しでも気になると思うのならば、『友達から』という表現は避けるようにして、
 上述したように『お互いを知る期間が少し欲しい』ということを伝えること、
 それを承諾させた上で交際をスタートさせた方が、つまらぬ誤解を招かずに済むので効率的でしょう。


 【結論は早めに出す】
 何れにせよ、『友達期間』を設けた場合でも、その結論は早めに出すことが大切になります。
 友達として何度も会っているのに、なかなか結論を出さない女。
 これでは、男性から『金づるにされている』と思われても仕方のないことでしょう。

 ですので、一回一回のデートを大切にして、可でも不可でも早めに結論を出してあげることが、
 選ぶ側のマナーであり、良識のある人間の行動ですから、そこで自分の価値を下げないことが大切です。


 友だちから始めた時に大切なことは、『相手は精神的に苦しい状態である』ということを理解すること。
 結論を一日でも早く知りたいということは、誰にでも分かることのはずですから、
 それには応えられるようにしましょう。

 また、期間が長くなれば長くなった分、自分も断りづらくなるものです。
 『そのまま音信不通』という手もあるでしょうが、それってこの状況では失礼ですよね?
 だからこそ、結論は早い方が良いのです。

 しっかり決断できる女性になることが自分のため、好きになってくれた気持ちを大切にしましょう。


サブカテゴリー


TOP記事30 美人になる方法 男性が好む下着とは ダメ男の対処法 恋愛で役立つ情報集