恋愛感情が分からない時は?

恋愛感情が分からない時は?

恋愛感情が分からない時は?

 恋愛経験がなかったり少ない場合、『恋愛感情が分からない』ということも珍しくないでしょう。
 『友人達には恋人もいて、恋人と楽しそうにしているが、何が楽しいかが分からない』こんな人もいるはず。
 この『恋愛感情が分からない』ということですが、これは別におかしいことではありません。
 むしろ、経験がなければ分からなくて当然です。
 ただし、恋愛感情が分からないままではなんだか寂しいですよね?
 ですので、異性を知って、恋愛感情が分かる人になりましょう。

 恋愛感情というのは、
 『これが恋愛感情だ』と分かるものではなく『気が付いたらそんな状態になっていた』というものです^^

 例えば、趣味とか好きなものがそうですが、『これをしよう!』と思って始めるのではなく、
 何となく導かれるようにして始めたことがきっかけで、気が付いた時にはそれに嵌っている。
 そんなものではないでしょうか。

 恋愛感情というのは、そうやって、趣味や好きなものに自然に嵌っていくことと同じであり、
 始めようとして始めるものではないのです。
 ですので、『私は恋愛感情が分からないから何とかしなきゃ』こんなことを考える必要はありません。

 ただし、『避けていたら始まらない』これは趣味や好きなものでも同様ですよね。
 人から『これ楽しいから一緒にやろうよ』と誘われても、断り続けていたらその魅力には気付きません。
 恋愛も避けていたら始まりませんし、恋愛を避けてしまったら恋愛感情が分からないままになってしまいます。

 だからこそ、異性と関わっていくことは、恋愛感情を知る上でも重要になってくるのです。

スポンサーリンク


 【ガードを崩す】
 恋愛感情が分からないという人は、異性に対して『ここまで』というガードを作っていることが多いのです。
 例えば、学校や職場では異性と普通に話しても、個人的に会ったり遊んだりすることはしないなど。

 恋人がいて恋愛を楽しんでいる人は、必ず個人的に会っていて、そこから発展させています。
 従って、学校や職場という環境の中でだけ関わっていても、
 一定レベルの接点しかないため恋愛にまで発展しないのです。

 ですのでそんな人は、自分のガードを少し崩しましょう。
 例えば、誘ってくれる異性がいるのなら、それに素直に応じてみることも一つですし、
 気になる男性がいるのなら、自分から誘うこともありです。

 しかし、恋愛経験がないのなら、最初から二人で会うことはハードルが高いと感じるでしょう。
 そのような場合には、同性の友達に頼んでグループで遊べるようにするなど、
 少しずつ自分のガードを下げて、『異性と楽しむ』ということを学んでいくのです。

 それを続けていれば、自然に『恋愛感情が分からない』ということは解決されていきます。
 また、異性の中で一人だけ『いつも頭から離れない存在』というのが現れるようになります。

 気が付けばその人のことを考えていて、自分でもどうしてその人のことを考えているのかが分からず、
 同じ空間にいるのなら話したいと感じ、でも何となく話しかけづらいと思ってしまい…。
 その人に対し、今までは普通にできていたことが、全くできなくなってしまう状態に陥ります。
 そうなったら、それは『恋愛感情に目覚めた』ということ。その人のことが好きということです。

 誰かを好きになった時には難しく考えず、とにかく相手の幸せを考えてみてください。
 そうすれば自分も幸せになれます。
 『相手が微笑むことができる状況を自分も喜ぶ』これができれば理想です。

 恋愛感情って、はっきり答えの出るものではありませんから、自分でも分からないことは多々あります。
 『好きだと思ったら違った』もちろんこんなことだってあるのです。
 しかし、これらも経験が解消してくれます。

 ですので前向きに考えて、まずは異性を受け入れること。
 そこから全てが始まりますので、恋愛感情が分からないという状態から卒業しましょう。


 どんな形でもいいので、まず恋愛してみることが大切です。
 恋愛をすることで自信になり、恋愛感情を持つということが分かってきます。
 自分のペースでいいので、現状を少しずつ変えていきましょう。
 そうすれば、気が付いた時には『恋愛感情が分からない』ということは過去のことになっていますし、
 恋愛を楽しめているはず。

 変わりたいという気持ちが大切です。できることから始めてみましょう。


サブカテゴリー


TOP記事30 美人になる方法 男性が好む下着とは ダメ男の対処法 恋愛で役立つ情報集