ディープキスをする方法

ディープキスをする方法

ディープキスをする方法

 何度かデートもして手も繋いだけど、キスといったら軽いキスだけで、肝心のディープキスはまだしていない。
 こんな状態のまま停滞しているカップルもいるのではないでしょうか?
 男女どちらも恋愛経験が浅かったりすると、中々深い関係になろうとすることが難しかったりもするものですよね。
 『手は繋げてもキスはできない』『軽いキスはできても舌を入れるディープキスは出来ない』など。
 カップルによって様々でしょう。

 ディープキスをするためには、雰囲気とタイミング、お互いの意思の疎通、これらが大切になります。
 あまり難しく考えるのではなく、
 『手を繋ぐ』→『軽いキスをする』→『ディープキスをする』という順番だと思ってください。
 また、お互いにボディータッチをしたり、抱き締めたりして密接度を高めた方が
 『軽いキスからディープキス』への発展はしやすくなるものです。


 【ディープキスをする方法】
 ディープキスをするためには、まずは雰囲気作りが大切です。
 軽いキスの場合、慣れてくると緊張もせず挨拶程度の感覚でできるものですが、
 ディープキスになると時間も長くなりますし、相手の唇をしっかり奪う訳ですから心の同意が必要です。
 そのため、その同意を得やすいように『良い雰囲気』を作ることが大切なのです。


 ・キスしそうな雰囲気を作る
 デートも終盤に差し掛かったら、そろそろキスの時間です。
 そこで大切なのが雰囲気作りですが、ポイントは『それまでに距離を縮められたか』です。
 初デートにせよ数回目のデートにせよ、キスをするためにはそれなりの距離感になっていなければなりません。
 ですので、最低でも手を繋ぐくらいのことはしていることがディープキスの条件です。

 また手を繋いでいても、『会話もなく何だか気まずい』と自分が感じていたら相手も感じていますので、
 その日のデートでのキスは避けましょう。
 反対に、盛り上がっていようと会話が無くても、『お互いの体も近くいい感じだ』と感じたら、
 相手もそう感じています。
 そんな時にはどこかで立ち止まり、一瞬見つめ合った後に唇を合わせていけば良いのです。

 最初のうちこそ舌を絡めないかもしれませんが、少し唇を合わせた後に、
 お互いに『これだけでは物足りない』と言わんばかりに舌を絡めます。

 これはタイミングと意思の疎通が大切ですが、
 『相手がこのキスを求めているのか、それとも拒んでいるのか?』というのはほぼ分かるものです。

 唇だけのキスでもお互いになかなか離そうとしなかったら、
 それは無意識の中で『ディープキスをしよう』と双方が思っているということ。
 その辺はしっかり見抜きましょう。


 これが、軽いキスとディープキスの違いです。
 軽いキスならば形式的にしてしまえるものですが、
 ディープキスの場合『雰囲気・タイミング・お互いの意思の疎通』があって始めて成立します。

 ディープキスは、軽いキスとは異なり性への入り口でもあります。
 従って、『できるできない』がはっきりするもの。
 それなりの関係になったと確信してから求めた方が無難であり、そうでないと拒まれる可能性も高いものです。

 ・あなたの口臭大丈夫?キスの瞬間は待ってくれない
 キスは突然訪れる。そんな時『息、大丈夫かな…』では遅すぎる。
 口臭対策は日ごろからしておこう。
 薔薇の滴なら、一日たった2粒で快適な香りを継続。これで突然のキスにも安心♪
 >> 薔薇の滴 1ヶ月分が980円、詳細はこちらから





サブカテゴリー


TOP記事30 美人になる方法 男性が好む下着とは ダメ男の対処法 恋愛で役立つ情報集